スターリングシルバーとかシルバー925の事【見分け方、お手入れも】

アンティーク

こんにちは。アンティークと雑貨の通販のお店スローライフです。

私たちは、アンティーク・スターリングシルバーという銀製品を取り扱っています。
今日は、スターリングシルバーやシルバー925とは、どういった物なのか?という疑問について説明します。

 読者のみなさんへ

これらのキーワード(スターリングシルバー、純銀、925)は、シルバーアクセサリーや銀器をお持ちの方はご存知かもしれませんが、シルバーに興味のある方に是非知っておいて頂きたいので記事にまとめました。

この記事を読んで、アンティーク・スターリングシルバーの魅力を知って頂ければ嬉しいなと思います。

スターリングシルバーって何?

スターリングシルバーというのは、純銀92.5%と銅やアルミニウムが7.5%混ざっている状態の銀の事です。イギリスでは純銀と言われています。(日本では100%の純度でないと純銀と呼ばないようですが...)

スターリング(sterling)という単語には
「〔品質が〕優れた、一級品の」
という意味があります。

ちなみに、イギリスの通貨であるポンドは、正式にはスターリング・ポンドと言います。

 純銀と言いながら、なぜ100%ではないのか...

その理由は、シルバーは柔らかい素材であるという性質にあります。
銀器として使うためには強度が必要です。
強度を確保するためには、他の金属を混ぜる必要があったのです。

925って何の事?シルバー925とかネットでよく見かけるけど。

「もしかして、純銀92.5%の数字の925なの?」って考えている方々がいらっしゃると思います。
そうです。正解です。
スターリングシルバーの純度である、純銀92.5%の数字のことです。
銀の純度の表記は、1000分率で表すため、925となります。

なぜ純度が92.5%か?

この割合が一番錆びにくい様です。
強度も両立したこの比率が黄金比率だったんでしょうね。銀器を古くから使っているイギリスの技術や知恵なのです。見つけた人はエライ。

ちなみに銀の錆は、黒くなるくすみの事です。正式には酸化ではなく硫化なので錆とは呼ばないのですが。錆と言ったほうが分かりやすいので。

スターリングシルバーやシルバー925の見分け方

スターリングシルバー製の銀器には、STERLINGや925を表す刻印があります。

もし、スターリングシルバーの製品をお持ちであれば、「スターリングシルバーの刻印「ホールマーク」【本物の証。年代がわかる】」に刻印の見方を書いてるので、確かめてみて下さい。メーカーや年代、生産地などがわかります。

アンティークシルバーは、この刻印を見る事も楽しみの1つです。

スターリングシルバーのお手入れ方法

スターリングシルバーが使われたアンティークシルバー製品には色々なものがあります。
カトラリー(スプーンやフォーク、ナイフなど)や、ルーペ、ペーパーナイフ、はさみ、お皿やポット、調味料入れ、ペンダント、指輪...色々ありすぎて書ききれないほど、スターリングシルバーが使われたアンティークシルバー製品はたくさんあります。

 アンティークシルバー製品のお手入れは難しくありません。

カトラリーや食器などは、食洗機はおすすめしませんが、中性洗剤で普通に洗えば大丈夫です。
放っておくとアンティークシルバー製品は、黒くくすんでしまいます。これは錆のようなもの(硫化したもの)ですが、これはクリーナーで磨けば輝きは元に戻ります。
スプーンやフォーク、ナイフなど口に入れるものは、クリーナーで磨いた後、必ず食器洗い洗剤で洗ってから使って下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンティークと雑貨のお店 slow life(@slow_life92)がシェアした投稿

今回は以上です。
スターリングシルバーは、取り扱いも難しくなく、日常の暮らしで普通にお使い頂けるという事を感じて頂けたでしょうか?
実際に使ってみると、装飾も豪華で、ピカピカ綺麗で、大切に出来る物です。
みなんさんの暮らしにも是非取り入れてみて下さい。